神奈川県横浜市のガラスコーティング専門店よりコーティング施工店の選び方

ガラスコーティング
ホイールコーティング
ガラス撥水コーティング
カーフィルム
デントリペア
カーナビ取付
エシュロンコーティング
GT-Cコーティング
ラスターガード
カービューティーPROフッ素コート

車コーティング PRO-WORKS横浜

株式会社 PRO Works
神奈川県横浜市都筑区中川5-40-28
TEL:045-511-8922
ECHELONコーティング
GT-Cコーティング
コーティング
TOP ≫ 会社概要 ≫ 横浜本社営業所 Return
お車のコーティングに関するご質問ご相談をご遠慮なくお問合せください。 安心してお任せいただけるよう対応させていただきます。ご満足いただける施工仕上りと料金設定で、プロの施工をどうぞご利用ください。
営業時間 10:00〜19:00  定休日 火曜日 案内地図
ボディーの下地工程からコーティング施工までを完全な屋内作業環境で1台ずつコーティング施工いたします。 

施工内容のご相談やご質問、御見積り等に関するお打合せご説明を行いご安心いただきお任せいただけます。 

数種類もの専用ケミカルを使用しコーティングする前の ボディ外装や足回り、内装の汚れなどを除去する付着物の性質などにより適正なケミカルを用いて丁寧に作業していきます。下地磨き工程は、ボディ肌の状況などを見極め適正なコンパウンドとバフを選択しポリッシャーの回転数や加圧具合などを微調整しながら、光沢のある塗装面に仕上ていきます。コーティング塗布前の重要な作業であり、仕上り度合の 大半が決まる工程 です。


プロコーティングの特徴は「コーティング前下地処理」に時間と手間を掛け、車ごとの塗装面の特性を考慮し輝きを取りもどし下地を整えてからコーティングします。鉄粉等の汚染物の除去、塗装面の光沢復元研磨と丹念な手作業により細部の洗浄までクオリティーの高い確かな技術で、施工いたします。従いまして当店では通常の施工で最低2日間お車をお預りします。


ポリッシャー研磨時に発生する粉塵、この粉がパネルの間などに入り込まない為、そして研磨時のボディ保護を考慮し粘性の良い一流メーカーのマスキングテープをしっかり貼り丁寧に作業していきます。もちろん部位によりテープ幅を選択しながら正確にマスキングをいたします。この様な手間を掛けた作業工程は、短時間でコーティング施工が仕上がる他店では省略されている場合もあるようです。
■ どこへ任せる?コーティング施工者を選ぶにはどうすればよいのか ■
ボディーの下地工程からコーティング施工までを完全な屋内作業環境で1台ずつコーティング施工いたします。 施工内容のご相談やご質問、御見積り等に関するお打合せご説明を行いご安心いただきお任せいただけます。 
数種類もの専用ケミカルを使用しコーティングする前の ボディ外装や足回り、内装の汚れなどを除去する付着物の性質などにより適正なケミカルを用いて丁寧に作業していきます。下地磨き工程は、ボディ肌の状況などを見極め適正なコンパウンドとバフを選択しポリッシャーの回転数や加圧具合などを微調整しながら、光沢のある塗装面に仕上ていきます。コーティング塗布前の重要な作業であり、仕上り度合の大半が決まる工程です。
プロコーティングの特徴は「コーティング前下地処理」に時間と手間を掛け、車ごとの塗装面の特性を考慮し輝きを取りもどし下地を整えてからコーティングします。鉄粉等の汚染物の除去、塗装面の光沢復元研磨と丹念な手作業により細部の洗浄までクオリティーの高い確かな技術で、施工いたします。従いまして当店では通常の施工で最低2日間お車をお預りします。
ポリッシャー研磨時に発生する粉塵、この粉がパネルの間などに入り込まない為、そして研磨時のボディ保護を考慮し粘性の良い一流メーカーのマスキングテープをしっかり貼り丁寧に作業していきます。もちろん部位によりテープ幅を選択しながら正確にマスキングをいたします。この様な手間を掛けた作業工程は、短時間でコーティング施工が仕上がる他店では省略されている場合もあるようです。
■ コーティング・ショップ 良し悪しの判断基準としては ・・■
●施工時間はどの位か?既にコーティングを施工された経験のある方、思い出してみてください。

「午前中預けて夕方に引取りに行きました」弊店のお客様に尋ねると多くはこのようなお答えが返ってきます。なかには、「お昼頃に持込み3時間ほど待っているうちに仕上がってました」という方もいらっしゃいました。
納車直後の新車であれば朝預かり夕方までに仕上げることは考えられますが、実質5〜6時間前後の作業で行う内容では下処理にかける時間はほぼありません。工程を短縮化しているのか、2〜3人掛かりで施工しているかのいずれかと考えたほうがよいでしょう。後者の場合でも1台の車を複数の人が作業する場合、オーナーにとっては良いことはありません。作業のバラつきがあり仕上り具合は余程最終チェックする責任者が目を光らせていなければ満足できる施工にはならないと思います。時間を掛ければ良いということではなく、正常な作業工程で仕上げようと思うのであれば私の経験上、実働10〜12時間は必要です。これはすべて問題なく施工進行できた場合です。新車以外の車両は、特に下処理磨きの際に車1台1台のクセがあり予定時間内に進行できることはそう多くはありません。車も十人十色と同じで本当に「十台十色」です。そして、肝心なコーティングの硬化に最低必要な乾燥(硬化)の時間、適正な時間をおいて一時保護剤を上塗りしたりなど 「保管時間」 が必要なのです。

●作業者は知識と技能をもった人がしているか?
上の事例のような施工店で多くあることが、複数の人で作業にあたる場合に知識や技術のない人がコーティング施工するケースです。(怖いのはバイト君の起用も)

●施工する環境はどんなところか?
やはり全ての作業を屋外で行うというのは問題が多いものです。温度湿度など天候に左右されることはもちろんですが、埃などの付着は当然NGです。また照明の問題もあります。もし、蛍光灯だけの灯りで施工しているお店であればそれなりの施工しかしていないと考えたほうがよいですね。

他に使用しているコーティング剤や工具等の違いもありますが、上記の3つの点を事前にチェックされれば判断する基準として十分役立つと思いますので、コーティング施工ショップ選びの参考にされていただきたいと思います。

ホーム ガラスコーティング 会社案内 お問い合わせ 個人情報に関して サイトマップ リンク
Copyright(C)2010.PRO Works co.,ltd.All rights reserved.